華やかな香り、豊かで切れのよい味わい「雅乃智 岡山雄町」

岡山産「雄町」を100%使用した限定バージョンの雅乃智。
華やかな香り、豊かで切れのよい味わいが特徴です。
雄町が誕生したのは安政6年(1859年)。
備前国上道郡高島村雄町の岸本甚造(きしもと・じんぞう)が伯耆大山を参拝した帰路、珍しい品種の米を見つけ、持ち帰って栽培したのが始まり。
雄町に良い酒米があるとのうわさが広まり、岡山県南部をはじめ当地一帯で栽培されるようになり、米の名前もいつしか雄町の名をとり「雄町米」と呼ばれるようになりました。

作 雅乃智 岡山雄町 純米吟醸

価格: ¥2,035 (税込) ¥4,070 (税込)
数量:
容量価格在庫購入
1.8L¥4,070(税込)×
720ml¥2,035(税込)×

返品についての詳細はこちら

商品情報

原材料 岡山産 雄町55%
アルコール度数 16度
日本酒度
酸度
使用酵母 自社保存酵母
仕込水
取り扱い・保存について 冷暗所

味わい・特徴

お米の旨味と甘みがたっぷり溶け込んだ華やかな香り、豊かで切れのよい味わいです。

テイスト

清水清三郎商店(三重県鈴鹿市)

1869年に鈴鹿市若松村で創業しました。

収穫された米を使ってその命を余すことなく生かして行う酒造り、酒になっても米の命は生き続けているからこそ、味わいも変化し続けて行くのだと思います。米の命を生かし続ける酒の造り方を求めることが清水清三郎商店の酒造りのやり方です。

すべての種類の酒を総米600kgから800kg程度での仕込みを行い、冷却設備を用いて温度管理が可能な小さなタンクを使って、約一週間をサイクルとした仕込みを行っています。この規模が、醗酵タンクの中での麹と蒸米の状態や酵母の働きにとってちょうど良いとたどり着いた酒造りのやり方です。

酒造りに関しては、できた酒の良し悪しは別にして、ひと手間を惜しむことなく自分自身が納得できることだけのことをするように心がけています。そのときは最善の判断をしたつもりでも、結果的に間違っていることはあるかもしれませんが、あのときもう少し手をかけていれば、という後悔だけはしたくないです。」と杜氏は常に情熱をもって酒造りに取り組んでいます。

イメージ

酒乃店もりした公式SNS
  • Facebook 酒乃店もりした
  • Instagram 酒乃店もりした
而今ファンclub 酒乃店もりした オリジナル コンテンツ而今ファンclub
ネット配送日カレンダー
ネット配送休業日

オンラインショップ営業時間

9:30~18:00(土日休み)

※ネット配送休業日とは、出荷業務およびお問い合わせ対応ができない日になります。

※ネット発送休業日でもホームページで注文を受け付けております。

※金曜日14:00から日曜日のご注文につきましては月曜日の発送となります。

 

ページトップへ