フレッシュな味わいの あたごのまつ おりがらみ新酒

あたごのまつ 純米吟醸 おりがらみ ささらは、酒造好適米である「蔵の華(くらのはな)」を使用、精米歩合55%。

新酒の良さが至る所に感じられる「究極の食中酒」。
新酒らしく若々しい溌剌とした食中酒を意識し、お料理と共に杯の進む、おりがらみ生酒を全身全霊で醸された1本。
いち早い新酒を、是非お楽しみ下さい。

あたごのまつ 純米吟醸 おりがらみ ささら

価格: ¥1,650 (税込) ¥3,190 (税込)
数量:
容量価格在庫購入
1.8L¥3,190(税込)×
720ml¥1,650(税込)×

返品についての詳細はこちら

商品情報

原材料 蔵の華55%
アルコール度数 15度
日本酒度 +4
酸度 1.6
使用酵母 宮城酵母
仕込水
取り扱い・保存について 要冷蔵
イメージ

味わい・特徴

青リンゴを思わせるフレッシュな味わいが口いっぱいに広がり、心地良い酸味が余韻を残しながら綺麗に消えていきます。
新酒らしく若々しい、お料理と共に杯の進む、おりがらみ生酒です。
いち早い新酒を、是非お楽しみ下さい。

飲み方・料理の合わせ方

飲み頃温度は、5〜10℃。シャンパングラス(フルート型)・ボルドー・万能型などのグラスがおすすめです。

ぜひ、牡蠣料理と一緒にお召し上がりください。

新澤醸造店(宮城県大崎市)

明治6年(1873)創業。 創業当時から続く銘柄であり、地元でも親しまれてきた「愛宕の松」は、『荒城の月』の詩人・土井晩翠氏が「館山の頂開く酒むしろ愛宕の松の薫いみじく」と詠むほど愛飲したという。

平成12年(2000)に現在代表取締役を務める新澤巖夫(5代目)が宮城県最年少の杜氏に就任。翌年には特約店限定で新銘柄「伯楽星」を発表。食前酒・食後酒という単語しかなかった時代に、どんな料理も引き立てるお酒を目指し生み出された「伯楽星」は“食中酒”のパイオニアであった。現在は“究極の食中酒”をコンセプトにし、国内国外問わず星付きのレストランでも多く使用されている。

平成23年(2011)東日本大震災後は製造蔵を大崎市三本木から柴田郡川崎町への移転を決意。同年11月には製造を再開し、全壊した本社も平成25年8月に再建を果たした。 平成30年(2018)には渡部七海(当時22歳)に杜氏を引き継ぎ、全国最年少女性杜氏が誕生した。新澤は、杜氏の役目から離れてからもなお、お客様が飲まれる一杯の酒を意識して酒造りの指導を行っている。

商品は「伯楽星」「あたごのまつ」といった清酒を中心に梅酒、柚子酒、紅茶酒、ヨーグルト酒といったリキュールも醸造。蔵では徹底した冷蔵管理に取り組み、瓶詰されたお酒はカップ酒から高級酒まで、全てマイナス5度の冷蔵庫で保管される。蔵からは若くフレッシュな状態で出荷し、お客様の手元に届くタイミングで最高のコンディションになるよう調整している。国内へ出荷される酒の品質に気を配りつつ、17か国への輸出も行っている。

イメージ

酒乃店もりしたオススメ商品

酒乃店もりした公式SNS
  • Facebook 酒乃店もりした
  • Instagram 酒乃店もりした
而今ファンclub 酒乃店もりした オリジナル コンテンツ而今ファンclub
ネット配送日カレンダー
ネット配送休業日

オンラインショップ営業時間

9:30~18:00(土日休み)

※ネット配送休業日とは、出荷業務およびお問い合わせ対応ができない日になります。

※ネット発送休業日でもホームページで注文を受け付けております。

※金曜日14:00から日曜日のご注文につきましては月曜日の発送となります。

 

ページトップへ