野性味 際立つ KUHEIJI「SAUVAGE」

SAUVAGEとは「野性味」という意味。

皆様に体感して頂ける日本でもっとも、古い品種の一つ。
云わば日本のお米の在来種の血を引くお米になります。
田圃で実るその立ち姿は、太陽のもと背を高く伸ばし、正に男・雄。
大粒の米を実らせる「雄町」は、非常に男性的です。
在来種とは、野生のお米と捉える事が出来ます。
その力強い野性味は酒質に大きく反映されます。
雑草のような生命力は強く根を張り、植物の原始的な営みが、ダイレクトに伝わってきます。

日本酒も品種によって味わいが変わります。
山田錦の女性的な優しさ。
雄町の男性的な強さをイメージしながら、飲み比べて頂くと、その差をわかりやすく感じ取ることができます。

品種による違いをお楽しみください。

醸し人九平次 純米大吟醸 雄町50

価格: ¥2,000 (税抜 ¥1,819) ¥4,002 (税抜 ¥3,639)
数量:
容量価格在庫購入
1.8L¥4,002(税抜 ¥3,639)
720ml¥2,000(税抜 ¥1,819)

返品についての詳細はこちら

商品情報

原材料 麹米:雄町(岡山県赤磐市)50%、掛米:雄町(岡山県赤磐市)50%
アルコール度数 16.0度
日本酒度 非公開
酸度 非公開
使用酵母 非公開
仕込水
取り扱い・保存について 保管温度で、熟成のスピードが違って参ります。
お手元での保管は冷蔵をお選びいただくと、
複数年コンディション良き熟成を見せて行きます。
イメージ

味わい・特徴

香りは穏やかながら、青い草や穀物などの植物のニュアンス、ボタニカルな香りと穏やかではあるが色々な表情を見せてくれます。

口にするとガスによる心地よい刺激を感じ、フレッシュな果実の旨味、柑橘の皮を噛んだような苦味をはっきりと感じます。
この旨味、苦味から雄町という品種の特性をしっかりと感じられます。
そして時間の経過と共に苦味が少し落ち着きバランスが取れてきます。
香りは更に特徴的に、熟したバナナのような南国の果実をはっきりとイメージします。

最初は穏やかで、時間の経過と共に味・香りともに開き雄町特有のポテンシャルを感じます。時間軸での変化も是非お楽しみください。

テイスト

飲み方・料理の合わせ方

ワイングラスでお召し上がり頂くと、香りや品温にて表情を多岐に感じて頂けると思います。一瓶・一杯の中で、開栓直後から時間軸と共に印象が変わっていきますので、その変化をお楽しみ下さい。料理の合わせ方 鮎の塩焼き。 鮎の爽やかな緑の香り、パリッとさせた皮の焼き目に雄町の香りが相性が良いです。また、鮎の内臓のほろ苦さに雄町の苦味、ふくらみも焦点に置くことで、両方の特徴を余すことなく体感して頂けると思います。

株式会社 萬乗醸造(愛知県名古屋市)

熟した果実味と、気品・優しさ・懐かしさを求めて。

「醸し人九平次」は、人がナーバスに感じる苦味や渋味、そして酸味をあえて大切にしています。
テクニックに依存せず醸された日本酒には「多種な香り」と「五味」が宿り、
それらが調和して、ナチュラルで立体的な飲み物へと形づくられていくのです。

中でも「酸」は、人間に例えるなら「背骨」です。背筋の伸びた姿勢良き姿は、美しいものです。
「様々な表情を見せる香り」と「美しいエレガントな酸」がKUHEIJIのすべての品に、根底の軸となって貫かれています。

「熟した果実味と、気品・優しさ・懐かしさ」

それは素材に敬意を払い、人間が過度にテクニカルな手を入れない先に、存在します。
置き換えると、それは、ナチュラル。それは人が普遍と感じる部分の具現なのです。

イメージ

カレンダー
  • 今日
  • 休業日

 

ページトップへ