爽やかな風を吹かせる「夏ノ疾風」

夏らしいお酒はなにか?それをテーマにしたのがこの夏季限定酒「夏ノ疾風」です。
湿気の多い夏。爽やかな風を吹かせるというネーミングで疾風となりました。

紀土 純米吟醸 夏ノ疾風

価格: ¥1,265 (税込) ¥2,530 (税込)
数量:
容量価格在庫購入
1.8L¥2,530(税込)
720ml¥1,265(税込)

返品についての詳細はこちら

  

商品情報

原材料 五百万石
麹米:50%/掛米:55%
アルコール度数 15度
日本酒度
酸度
使用酵母
仕込水
取り扱い・保存について
イメージ

味わい・特徴

軽やかでシャープな酸と旨味、「紀土」らしい口当たりの優しさが特徴です。
夏を乗り切るのではなく、夏と楽しく付き合うお酒を目指しました。 しっかり冷やしてから注いでグラスに水滴のつくくらいの温度が飲み頃です。

飲み方・料理の合わせ方

素麺や焼きナス、鮎や太刀魚など、夏の食材と合わせてお楽しみ下さい。

  • 平和酒造 株式会社
  • 平和酒造 株式会社
  • 平和酒造 株式会社
  • 平和酒造 株式会社

平和酒造 株式会社(和歌山県海南市)

平和酒造は昭和3年、山本保によって創業をされました。
江戸時代からの酒蔵である谷口酒造の谷口保は、婿養子として代々仏寺であった山本家の家督を継ぐことになります。 その際、生来の酒好きが高じ、酒蔵を創業します。当時の山号寺号が「無量山超願寺」であったので現在でも「超願寺」という屋号で呼ばれることもあります。
(「紀伊続風土記」第1輯 巻之三十六 那賀郡野上荘溝口村の欄に、超願寺に関する記載あり。紀伊続風土記とは、江戸幕府の命を受けた紀州藩が、文化3年8月、藩士で儒学者の仁井田好古を総裁とし、仁井田長群・本居内遠・加納諸平・畔田翠山らに編纂させた紀伊国の地誌である。)
そんな平和酒造ですがこれまで幾度か廃業の危機にさらされてきました。第二次世界大戦中、激しくなる戦局に学童疎開や京都など酒蔵の受け入れを国から命じられ酒造の休業をしいられます。 さらに戦後しばらくしても酒造免許の再開を許されませんでした。
そこで二代目である山本保正は「休業蔵再開」の陳情演説を行うため国会に足を運びました。震えながらも休業に追い込まれた無念さ、戦後の平和な時代で酒造りをするという希望を語り多くの拍手を浴びたそうです。 そういう情熱の末にようやく再開の許可がおりたのです。この時の平和な時代に酒造りをするという想いが平和という名前を冠した酒蔵名をつけさせたのです。

しかし再開はしたものの苦労は続きます。肝心の蔵が貸していた酒蔵から返してもらえなかったのです。やむなく和歌浦の谷口酒造の持ち蔵を間借りし酒造りを再開します。この逆境の時期を支えたのが「和歌鶴」というブランドであり、「若の浦に 潮満ち来れば潟を無み 葦辺をさして 鶴鳴き渡る」という万葉集の詩からきています。 戦後10数年たった後にようやく溝ノ口の酒造りに戻り酒造りを開始します。残念なことに、一度休業した酒蔵を自力で立て直すのは難しく、昭和60年代まで京都の大手メーカーの桶売り蔵として自社ブランドは細々と販売していました。しかし、自分達が造りたい物を造ろうという想いから自社での販売に力点を置き始めます。
以来、平成元年、5年、17年、20年の全国新酒鑑評会金賞を受賞し、和歌山らしい酒造りに力を注ぎ今日にいたります。

イメージ

酒乃店もりした公式SNS
  • Facebook 酒乃店もりした
  • Instagram 酒乃店もりした
而今ファンclub 酒乃店もりした オリジナル コンテンツ而今ファンclub
ネット配送日カレンダー
ネット配送休業日

オンラインショップ営業時間

9:30~18:00(土日休み)

※ネット配送休業日とは、出荷業務およびお問い合わせ対応ができない日になります。

※ネット発送休業日でもホームページで注文を受け付けております。

※金曜日14:00から日曜日のご注文につきましては月曜日の発送となります。

 

ページトップへ